看護師がクリニックで勤務する場合の基礎知識

病院とクリニックの違いとは?

看護師がクリニックで勤務する場合の基礎知識

看護師が活躍する場はとても増えてきています。 その中でもクリニックは地域密着が特徴です。 専門科目を限定した開業医スタイルの施設が多く医師や歯科医師が診察・治療をするイメージがあります。

ここでは、看護師がクリニックで勤務する場合の基礎知識をご紹介したいと思います。 一般病院と違うところは患者さまが入院することができないところが多い点です。 入院が可能なクリニックでも19床以下と定められています。

大勢の患者さまが入院する規模ではないですから夜勤がないケースが多いです。 一般病院と比較して小規模ですから対応できる患者数も少ない傾向があります。 その結果、看護師全体の仕事量は一般病院よりは少ないかもしれません。

ですが専門知識やコミュニケーション能力が要求され注射・点滴・検査などの医療行為もひとりでこなさなければなりません。 業務内容はとても広いですし、初診患者さまのヒアリング・問診も看護師がこなすクリニックが一般的です。

看護師の高いスキルが要求されるのは看護師の人数が少なく限られているからです。 クリニックを希望する看護師は日勤に限定したい場合もありますがスキルアップを目指すために転職するケースもあります。

ひとりひとりの看護師という視点で見た場合は仕事量は多くて責任も重大です。 診療科目ごとによってわかれているクリニックが多いです。 その診療科目の経験や知識をフル活用して患者さまに指導したり質問に答えたりするシーンもあります。

医師も看護師も少ない要員のため人間関係も密度が濃くなります。 退職してしまう看護師が多いクリニックは医師との相性が悪いという理由が多いです。 専門性が高く評判が良ければ患者数も増えて数名の医師を雇うクリニックもあります。 けれども治療方針・経営方針は開業医の一存で決まります。

以上、看護師がクリニックで勤務する場合の基礎知識をご紹介しました。 一般病院と比較して専門性が高くなるのもクリニックの特徴点です。 「美容外科クリニック」「透析クリニック」「産婦人科クリニック」などが良い例です。 クリニック勤務の看護師は総じてスキルが高いようです。