看護師が副業をする際に注意すべき点とは?

副業が禁止されていないかしっかりと確認しましょう!

看護師が副業をする際に注意すべき点とは?

看護師の中には、副業をする方もいますが、副業をするにはしかるべきルールとマナーを守らなければなりません。 休みの日などを利用して単発のアルバイトをするケースもあると思いますが、1日だけの業務であっても、挨拶はしっかりし、業務は責任を持って、最後まできちんと行うようにしましょう。

1回の勤務だからといって雑に業務をこなすことはあってはなりません。 経験豊富な看護師であっても、アルバイトで初めての職場に行けば、誰でも新人となります。 また、アルバイトをするのであれば、確実に出勤できる日にのみシフトを入れるようにしましょう。

突然の病気や冠婚葬祭などは仕方がありませんが、他の理由で突然欠勤を申し出ることがないようにしてください キャンセルが続いた場合、アルバイトをしたくても受け入れてもらえなくなる可能性が高いです。

それから、正規の職員である場合、副業を禁止しているところは多いです。 そのため、周囲に見つからないように注意してください。

特に、国公立病院に正規の看護師として勤務しているのであれば、アルバイトは控えた方が賢明です。 国公立の病院は公務員に準じる扱いとなるため、法に背いた行為を行った場合、懲戒免職となる確率が高いです。

さらに、仕事を掛け持ちすると、税金を追加で徴収されますので、税金のことも考慮しながら、副業を続けるようにしましょう。

もし、単発のアルバイトが許可されている職場であれば、時間のある時にアルバイトをすることで、新たな経験が得られることでしょう。

看護師専門の転職サイトでは単発のアルバイトも紹介しています。 サイトで検索をすることで、求人を見つけることができますが、条件が良いアルバイトは競争率が高く、なかなか仕事にありつけないことが多いです。

看護師専門の転職サイトに登録しておけば、単発のアルバイトが入った時に、メールなどで連絡をしてもらえます。 それから、サイトに登録しておけば、非公開の条件の良いアルバイトを紹介してもらえる可能性も高いです。